所属団体


所属団体


ホーム ルタバガってどんな野菜?
商品一覧
ルタバガってどんな野菜?
商品並び替え:


ルタバガは、キャベツとカブの仲間で、アブラナ科の根菜です。
外見はややいびつな球形で、根部が赤紫色になる品種と黄緑色になる品種があります。
シーズンは秋冬。寒さに非常に強いのが特長です。
北米やカナダ、イングランドのとても寒い地域で栽培されているので、日本の寒冷地でも、晩秋ころまで栽培が可能です。

●種子
種子の形状はこのような感じ。カブのタネに非常に良く似た大きさと形です。
発芽適温は、土壌温度25℃前後です。
**Johnny’s社サイトより引用
●栽培
栽培は比較的簡単、決して難しくありません。初霜の降りる3ヵ月前を目安にタネまきを始めます。
株間15cm、条間45-60cmで、カブの栽培を経験したことのある方なら、カブの栽培と同じ要領でやっていただければ問題ありません。
●収穫
霜に数回当たることで、甘みや旨みが増します。最低2回は霜に当てて、その後収穫します。
地上部に出ている葉の部分を切り落とし、根部は洗わず、湿度のある涼しい場所(湿度95%、温度0℃が理想的)で保存すると、約6ヵ月間も長期保存ができます。
寒い地域では、冬の間の保存野菜として最適です。
●食べ方
生食もできますが、加熱したとたんに甘みと旨みがグンとあふれ出し、ほのぼのとしたどこか懐かしい、ほっとするおいしさが感じられます。

◆マッシュドルタバガ

マッシュドポテトのように、柔らかくなるまでバターで炒めて、潰しながら生クリームを加え、塩コショウやハーブで味を調える。

◆バタードルタバガ

皮を剥いて、さいの目切りにしたルタバガを、たっぷりのお湯で柔らかくなるまで茹で、水をよく切ったルタバガをたっぷりのバターで絡め、ナツメグ、塩、コショウで味を調える。

◆根菜類のロースト

ざく切りにしたルタバガやニンジン、パースニップ、カブなどの根菜類に塩、コショウ、オリーブオイルをまぶして、天板に広げ、ニンニク、セージを香りづけに入れて、オーブンに放り込んで柔らかくなるまで焼く。

◆ルタバガのグラタン

薄切りにしたルタバガをグラタン皿に円形層状に何層にもなるように敷き詰め、塩・コショウ・ナツメグなどのハーブを各層に振りかけ、ホワイトソース、チーズをたっぷり入れてオーブンに入れて焼く。

◆ルタバガとポテトのサラダ

ルタバガとジャガイモを柔らかくなるまで蒸し、ヴィネガーやオリーブオイル、マスタード、塩、コショウで味を調える。

以上の全レシピの参考:http://www.marthastewart.com/

このように茹でる、炒める、焼く、蒸す、煮る、揚げるなどいろいろな調理法でお楽しみいただけます。おおよそ、じゃがいもを使う料理と同様の料理に使えると思って料理するといいかもしれません。
まだ日本ではあまり売られていないこのルタバガ。
今年の秋冬は、自身で栽培・収穫したルタバガで、この極上のおいしさを確かめてみて下さい!
登録アイテム数: 6件
 
  説明付き一覧    写真のみ一覧
ルタバガ・Helenor

ルタバガ・Helenor[197]

702円
[欠品中(入荷についてはメルマガでご連絡いたします)]
ルタバガ-Champion(a Collet Rouge)
ルタバガ・Wilhelmsburger

ルタバガ・Wilhelmsburger[V-595]

594円
[在庫わずか]
ルタバガ・Green Top Yellow Globe
ルタバガ・JOAN OG(オーガニック種子)
ルタバガ・Magres Rutabaga

ルタバガ・Magres Rutabaga[RU764]

702円
[在庫数 19点]
 
  説明付き一覧    写真のみ一覧
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス